フリーター、家を買う。(有川 浩)

フリーター家を買う 有川浩

[内容紹介]就職先を3カ月で辞めて以来、自堕落気侭に親の臑を齧って暮らす“甘ったれ”25歳が、母親の病を機に一念発起。バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、奔走する。本当にやりたい仕事って?やり甲斐って?自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の再生を描く、愛と勇気と希望が結晶となったベストセラー長篇小説。
[感想]有川作品の中でも「わたしの心を打つ作品の上位にランクイン」です。有川さんは上手ですね。
主人公の息子の誠治、娘の亜矢子、父の誠一、そして母の寿美子。登場人物の性格がはっきりしていてわかりやすい。ちょっと極端すぎる気もするが、これぐらいのほうが話しとしてわかりやすい。

就職して3ヶ月で自分勝手な都合で退職してその後もアルバイトが続かずにフリーターの誠治。
母が重いうつ病などを発症して初めて、それまでの自分の甘さを思い知らされる。
一念発起して、お金を稼ぐことに懸命になる。それからは、ひとはこんなにも変われるのかと信じられないぐらいの頑張りを見せる。ずいぶんと調子の良いサクセスストーリーを見せられている感じがしないでもない。周囲の応援も得られるし。ちょっと羨ましい。

父親の誠一は、がんこで偏屈な男に描かれている。終盤になってそんなでもなかったというふうになっていくのが救いだが、ちょっと気の毒。

地域の中で村八分にされてしまうのは深刻な問題だと思う。他人のことはほっといてもらいたいと思う。どうしてこんなにも日本はムラ社会なんだろうと恨みたくもなる。強く同感を覚える。作者者はこの問題に対しては決して容赦はしない。胸がすっとする。

真奈美の言葉「でも、諦めてない武さんは間に合ってます。絶対にお母さんのこと間に合ってます!」泣かせられました。この言葉に誠治も救われます。
「こんな言葉がかけてもらえるように人生が過ごせたらいいな」と思わされるんですね。
[人生頑張ろう!]と元気が出てきます。
こういう思いを味わえるのが。小説を読む醍醐味です。
(2018.09.08)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。