月別アーカイブ: 2018年3月

: 夢を売る男(百田 尚樹)

夢を売る男 百田尚樹

[内容紹介]
輝かしい自分史を残したい団塊世代の男。スティーブ・ジョブズに憧れるフリーター。自慢の教育論を発表したい主婦。本の出版を夢見る彼らに丸栄社の敏腕編集長・牛河原は「いつもの提案」を持ちかける。「現代では、夢を見るには金がいるんだ」。牛河原がそう嘯くビジネスの中身とは。現代人のいびつな欲望を抉り出す、笑いと涙の傑作長編。

感想


いろいろな分野に挑戦中の百田さん、今度は出版会の裏話に挑戦。
出版社主催の「新人賞システム」の応募者、それも新人賞をのがした人に、「自費で本を出版しませんか?」と持ちかけるビジネス。
いかにもありそうです。そしてそれに乗っかる人々。
本を作るだけなら30万円ほどできるのに、それを百万円とかもっと高い見積もりを出して、利益を稼ぐ。
美味しい商売があったものです。
勧誘するための手口もどんどん暴露されます。牛河原部長が特にやり手で会社の業績を引き上げています。
素人作家からの儲け話がいくつか紹介される一方で、出版社の苦しい事情も明かされます。
一度売れたプロの作家が次のヒット作を出せずに消えていく実情。
小説の専門誌で連載した作品を単行本にして、それが文庫本にまでできれば元を取れる構図。
本を読まれなくなって尻すぼみの業界で、本を出しても赤字で、それを雑誌などの収益で補う。

ほとんどこのような暴露話が続きます。

終わりの頃になって、作品のタイトル、「夢を売る男」の意味がだんだん明らかに。
牛河原部長の信念を聞かされてしまいます。
それを読んでいくうちに、「百万円出しても惜しくないかな」という気にさせられてしまう?のが怖い?

終盤のライバル社を潰す話は、正しいものが勝利するということでスッキリします。
最後の、年金ぐらしのおばあちゃんの出版の話は、ほのぼのとさせられ、牛河原部長の男を上げます。

とにかく全体に気楽に読めます。
本好きの人なら知っておいても損はない出版業界の裏話がわかるという意味で、面白い。
(2018.03.24)

スポンサーリンク

: 心霊特捜(今野 敏)

[内容紹介] エレベーターで男が死んだ。 被害者には心臓疾患があり死因は急性心不全、事件性は薄いとみる所轄署に“彼ら”は解剖をするように進言する。 結果、殺人の疑いが・・・(「死霊のエレベーター」)。 “彼ら”とは、霊が … 続きを読む

: ビギナーズラック(今野 敏)

[内容紹介] 男には闘わなくてはいけない時がある―人気作家・今野敏の原点がこの一冊に!ドライブ中、暴走族に囲まれた一組の男女。恐怖で身動きがとれず、恋人を目の前で犯されかけた時、情けなさが怒りに変わった。理不尽な暴力に対 … 続きを読む

: 東京物語(奥田 英朗)

[内容紹介] 1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊…。バブル景気に … 続きを読む

: 無理(奥田 英朗)

[内容紹介] 合併で生まれた地方都市・ゆめので、兎っ屈を抱えながら暮らす5人の男女---人間不信の地方公務員、東京にあこがれる女子高生、暴走族上がりのセールスマン、新興宗教にすがる中年女性、もっと大きな仕事がしたい市議会 … 続きを読む

: 銀翼のイカロス(池井戸 潤)

銀翼のイカロス 池井戸潤

[内容紹介] 出向先から銀行に復帰した半沢直樹は、破綻寸前の巨大航空会社を担当することに。ところが政府主導の再建機関がつきつけてきたのは、何と500億円もの借金の棒引き!?とても飲めない無茶な話だが、なぜか銀行上層部も敵 … 続きを読む

: 七つの会議(池井戸 潤)

七つの会議 池井戸潤

[内容紹介] トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な … 続きを読む

: 気配り王になる

[内容紹介] 本書では、オフィスからプライベートまであらゆる対人関係に効く「気配り」のポイントを徹底コーチ。「空気」を読むのがコワいほどうまくなるワンランク上のマル秘マニュアル。 私が受講しているネットビジネススクールで … 続きを読む