月別アーカイブ: 2018年4月

: 月と蟹(道尾 秀介)

月と蟹(道尾秀介)

スポンサーリンク

内容紹介

「ヤドカミ様、僕の願いを叶えて」。行き場のない思いを込めた他愛ない儀式がやがて……。子供たちの切実な心が胸に迫る俊英の傑作!第144回直木賞受賞作品。

感想

道尾秀介氏の直木賞受賞作ということで手に取りました。
4章まで子どもたちのヤドカリを捕まえての遊びを中心に延々と細かな描写が続きます。
最初は残酷な遊びに眉をひそめましたが、子供の遊びとはそんなものだろうと自分で納得させながら読みすすめます。

読んでてなんかじれったく感じてしまったんです。
主人公の富永慎一は父を病気でなくし、母純江と祖父昭三との三人ぐらし。
慎一は心の中で母を純江と呼び捨てにする。これが最後まで不思議。
昭三が自動車事故で鳴海の母を轢き殺してしまった過去。
それなのに慎一は鳴海と親しくなる。
母の純江は鳴海の父と何故か親しくなって肉体関係を持つようになる。
親友の春也が父親から受ける虐待。
慎一はそういったことに内心のいらだちをだんだん募らせて爆発していってしまう。

道尾氏独特のサスペンス臭というか、だんだんホラー小説ぽくなってきて、これからどんな展開になるんだろうと、怖くなって途中で読むのを何度もやめたくなりました。

でも直木賞だから、我慢して最後まで読み通すぞ。

5章の最後の100頁ぐらいから、だんだん全体がわかってきます。
慎一の心の葛藤、親友の春也の心の葛藤。最後に明かされます。
鳴海の心境も最後の最後に明かされます。

おとなは勝手で弱い生き物、子供はそれに振り回されて苦しんでしまう。

祖父がなくなって、母子は街を離れていく。それがお話しの結末。
なんか救いがありません。
鳴海との別れのシーンと春也の手紙への慎一の感想で少しは救いがあったかな。

月と蟹という題名は最後までよく理解できていません。

カニが内蔵を食い荒らしたり、ヤドカリ(カニではないけど?)で何を表現したかったのかな?

もしかして、こういう事かもしれません。

慎一がヤドカミサマにお願いします。鳴海のお父さんを殺してください。

それが実現することを慎一は知っています。
今か今かと時間の進みの遅さを恨みながらひたすら待ちます。

でもそれがだんだんと耐えきれなくなって走り出します。
ころぼうが擦りむこうが構わず、思い当たるところすべてを回って走り続けます。
そして最後に鳴海の父の乗る車を見つけて……。

このあたりの慎一の心の変化がこの小説の最大の見せ場でしょうね。
子供ながらに一つの殻を破った、大きな心の飛躍だったのでしょうか。

心象風景とかを細かく書いてあることと、著者のサスペンスの味付けが、直木賞受賞の理由なのかなと私は解釈しました。

心象風景などを細かく書いてある作品は私には苦手。いわゆる純文学?はもうずいぶん長い間読んだことがありません。軽いと言われるんでしょうけど、娯楽作品がリフレッシュできて、わたしにはいいです。これが実感。

道尾秀介氏は好きな著者の一人です。この作品は、読むのがしんどかったけど、いろいろと考えさせてはくれました。次は、もっと気楽に読める作品を選びたい(2018.04.20)

スポンサーリンク

: 原発クライシス(高嶋 哲夫)

原発クライシス 高嶋哲夫

スポンサーリンク 内容紹介 日本海のある海岸に、最先端技術を結集して建設された次世代型、世界最大の原子力発電所が謎のテロリスト集団に占拠された!?同志たちの解放を要求し、汚染ガス放出を予告。原爆をはるかに凌ぐ放射能汚染、チェルノブイリ事故の何万倍もの被害が想定される空前の危機が日本を襲う。攻守それぞれの正義が交錯するなか、愛する人、愛する国を守りぬけ!災害サスペンスの旗手が放つ衝撃の問題作。 感想 内容紹介から想像する以上に激しい内容。100人ものテロリストが原発を占拠する。数十名の機動隊が死傷する。自衛隊が出動して戦車が発砲する。どこかの国の戦争を映画で視せられているようなシーンが次々に展開 … 続きを読む

: 読んだ本を紹介する記事を完結させました

読書

読んだだけで感想をメモしなかった本が、まだ200冊以上残ってました。 前のサイトでは、アマゾンのウィジェットサービスを使って紹介できるようにしてましたが、そのサービスが終了してからは使えません。 作品のタイトルと著者名のリストだけが手元に残っていました。 ”読み終わった本がわかるようにしておく”というこのサイトの目的に向けて、力仕事で記事を作ってしまいました。 ”本紹介”カテゴリで、記事タイトルが「紹介(著者名)」です。 著者あたりの作品数が5つ以下の作品は、「紹介(複数著者)」にまとめて収容。 これで当サイトの作品収容数は以下のようになりました(2019年4月2日現在) 感想付きの作品数:1 … 続きを読む

: 紹介(福井 晴敏)

スポンサーリンク 平成関東大震災(福井 晴敏) 内容紹介 突如として起こった大地震。新宿で震災に直面した平凡なサラリーマン・西谷久太郎は、家族に会いたいが一心で大混乱に陥った首都を横断する。生きていれば必ず道は見つかる。次から次へと襲いかかる災厄を乗り越え、ついに自宅にたどり着いた西谷が手にしたものは―。実用情報も満載したシミュレーション小説。 6ステイン(福井 晴敏) 内容紹介 愛する男を待ち続ける女、隠居した天才的スリ、タクシー運転手として働きながら機が満ちるのを待った工作員。心に傷を持ちながら、独り誇りを抱き続けた者たちの消せない染み。あきらめることを知らない6つの魂が、薄明の世界に鮮烈 … 続きを読む

: 紹介(海堂 尊)

スポンサーリンク ケルベロスの肖像(海堂 尊) 内容紹介 東城大学病院を破壊する―病院に届いた一通の脅迫状。高階病院長は、“愚痴外来”の田口医師に犯人を突き止めるよう依頼する。厚生労働省のロジカル・モンスター白鳥の部下、姫宮からアドバイスを得て、調査を始めた田口。警察、法医学会など様々な組織の思惑が交錯するなか、エーアイセンター設立の日、何かが起きる!?文庫オリジナル特典として単行本未収録の掌編を特別収録! ナニワ・モンスター(海堂 尊) 内容紹介 浪速府で発生した新型インフルエンザ「キャメル」。致死率の低いウイルスにもかかわらず、報道は過熱の一途を辿り、政府はナニワの経済封鎖を決定する。壊滅 … 続きを読む

: 紹介(赤川 次郎)

スポンサーリンク 灰の中の悪魔(赤川 次郎) 内容紹介 バレー部のエース・矢吹由利子、役者志願の桑田旭子、富豪の令嬢・弘野香子。花園学園に通う三人組は、それぞれ一芸持った高校二年生。学園で起こった脅迫事件。香子が犯人と疑われ、思い詰めた同級生から襲われる。由利子も、バレー部キャプテンから「何者からか脅迫されている」と相談が…。三人組が真相究明に乗り出す。傑作シリーズ第1弾が新カバーで登場。 三毛猫ホームズと愛の花束(赤川 次郎) 内容紹介 Kブライダルセンターに一通の手紙が舞い込んだ。「貴社の仕事は愛を冒とくするものだ。ただちに中止せよ」誰かのいたずらかと無視していたが、センターのOLが散弾銃 … 続きを読む

: 紹介(原田 宗典)

スポンサーリンク スバラ式世界(原田 宗典) 内容紹介 ああっ、ボクはこんなに注目されちゃってるぅ!超自意識過剰人にして、大胆不敵な小心者のハラダ君が、極度の緊張のあまり、ドツボにはまっていくヒサンなお話の数々。初めてのデートで。高級ホテルで。床屋から始まって歯科、皮膚科、眼科、人間ドックをめぐる世にも涼しい医者大験。何でもないフツーの日々を、ちょっと痛くて、怖くて、笑える非日常へ誘うエッセイ集。 むむむの日々(原田 宗典) 内容紹介 こういうのは困る。しかし、ああいうのも困る。とはいえそういうこともちょっと困る。などと腕組みして暮すハラダ君の、涙と笑いにまみれて思い出される困惑的エピソードの … 続きを読む