月別アーカイブ: 2018年6月

: ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本(中田 亨)

ホームページ作成のツボとコツが絶対にわかる本

スポンサーリンク

内容紹介

本書には、初心者の方が途中で行き詰まらないために
必要な「視点」がしっかり盛り込まれています。

第1章 いまさら聞けないホームページの仕組み
第2章 ホームページの作成手順を知っておこう
第3章 HTMLでホームページを作ってみよう
第4章 CSSでホームページを装飾しよう
第5章 レスポンシブウェブデザイン
第6章 最後の仕上げ「検索エンジン対策」

架空の会社のホームページ(サンプル付き)作成を通して、
わかる楽しさ、作れる自信をぜひ体感してください。

感想

本書は、先に読んだ「WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本」で使用した架空の会社のホームページをゼロから作っていく構成になっている。本書が先に出版され、そのあとで「WordPress・・」が出版された。
HTML5やCSS3に対応していて基本的なことを学べるようになっている。
なんとなくホームページを見よう見まねで作っていた私は、ホームページの基本から全体の構成まで体系的に学びたいと常々思っていたが、その願いをしっかりと叶えてくれた。
タグ、id、そしてクラスの使い分けの考え方がよく分かる内容になっている。
一つ一つ実際に手を動かしながら画面で結果を確認していく手順になっているが、そのとおりにやっていけば、みるみるページの見栄え(スタイル)が充実していくのが目に見えて実感できて、とても満足が得られる。
第5章、第6章はあっさりと書かれているが、概要はわかる。自分で調べなさいということか。
(2018.06.24)

スポンサーリンク

: WordPressのツボとコツがゼッタイにわかる本(中田 亨)

WordPressのツボとコツが絶対にわかる本

スポンサーリンク 内容紹介 Webサイトやブログが簡単に作れるソフトとして一番人気なソフトがWordPressです。しかし、その最大のメリットである更新性・拡張性・機能性を活かすことができず、サイト作成後にプロのお世話になる方も多いようです。本書は、架空の会社のWebサイトをHTMLからWordPressで作り直す過程を追いながら、オリジナルサイトを作る道筋をわかりやすく解説しました。WordPressの仕組みを理解して、応用できるスキルが身につきます。 感想 本書はいわゆる入門書ではないのでWordPressがインストール方法などは書いてない。 WordPressの仕組をこの本を使って理解す … 続きを読む

: 図書館戦争(有川 浩)

図書館戦争_有川浩

スポンサーリンク 内容紹介 2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。 感想 ありかわ ひろ、ひろしじゃないし、著者は女性でした。初めてお目にかかります。 文章がとても読みやすくて気に入りました。 作品のタイトルがなんのことかわけが分か … 続きを読む

: ゼロからできるPHP+MySQL Webシステム構築(星野 努)

PHP+MySQL Webシステム構築

スポンサーリンク 内容紹介 2006年3月に発売された「導入効果バツグン! PHP5.0+MySQL5.0で構築する最速Webシステム」の改訂版です。好評だったPHPプログラミング→MySQLによるデータベース操作→Webアプリケーションの開発という解説の流れを継承しているほか、開発&実行環境として導入が簡単なXAMPPを採用しています。プログラミングの入門者でも、本格的なWebアプリケーション開発の工程を一通り理解できる内容です。 感想 初版を数年前に購入していたが積読状態。表題の技術を習得したくて読み始めたが、添付のCDを紛失してしまっていた。 そこで、本書をネットから購入。 残 … 続きを読む

: 基礎からのMySQL第3版(西沢 夢路)

基礎からのMySQL

スポンサーリンク 内容紹介 データベースに触れるのが本当に初めてという方に向けて、「データベースとは何か」という基本中の基本から、MySQLを使ったデータベースの作成と操作、PHPとの連携によるWebアプリケーション作成の入り口までを、豊富な図とサンプルにより解説します。 感想 本書の対象読者は、 ・データベースについてこれから学習したいと思っている人 ・MySQLを使ったことがない人 ・PHPによるプログラミングも未経験な人 その対象者の一人である私にとっては、最適な一冊となった。 少し易しいぐらいの本が、全部読み進めるのにちょうどよい。 記述に間違いがないので、安心して真似してついていける … 続きを読む

: いちばんやさしいPHPの教本(柏岡 秀男)

いちばんやさしいPHPの教本

スポンサーリンク 内容紹介 はじめて学ぶ人でも安心!!オールカラーでコードを丁寧に解説。勘違いしやすいポイントは講師がフォロー!!セミナーを受けている感覚で読み進められる。 感想 本書は第2版。とてもわかり易く、記述の間違いもありませんでした。第1版のレビューを見ると、記述の間違いだらけだったようで大変評価が低いが、第2版はその心配はありません。安心して作業が進められます。 わたしは、ウェブでデータベースとアクセスするための具体的な教本を探していたので、本書はその目的にピタリとハマりました。 説明の仕方では、プログラムを少しずつ書き加える形で進んでいくので、慣れればわかりやすいかな。 ポイント … 続きを読む

: 東京零年(赤川 次郎)

東京零年(赤川次郎)

スポンサーリンク 内容紹介 脳出血で倒れ介護施設に入所している永沢浩介が、TV番組に一瞬だけ映った男を見て発作を起こした。呼び出された娘の亜紀は、たどたどしく喋る父の口から衝撃の一言を聞く。「ゆあさ」―それは昔殺されたはずの男・湯浅道男のことだった。元検察官の父・重治が湯浅の死に関与していた事を知った健司は、真相を解明すべく亜紀とともに動き出す。時は遡り数年前、エリート検察官の重治、反権力ジャーナリストの浩介、その補佐を務める湯浅。圧倒的な権力を武器に時代から人を消した男と消された男がいた―。 感想 久しぶりの赤川次郎作品。 500頁あるが、この人の特徴は健在。会話が多く読みやすい。テーマが時 … 続きを読む