著者ア行

: 東京物語(奥田 英朗)

東京物語(奥田 英朗)

スポンサーリンク

内容紹介

1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊…。バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしい青春グラフィティ

感想

久しぶりに奥田英朗(おくだひでお)を読みました。
主人公は、田村となっていますが、かなり自伝的な色合いが強いと思われる作品です。
50代以上年代には、青春のころが懐かしく思い出されるいろいろなエピソードがちりばめてあります。
人の心の動きを丁寧に描写するところが、奥田さんの作風ですが、コピーライターとしての田村の行動や考え方から、
なるほど、奥田英朗はこうして生まれてきたのだな、と納得させられます。
いきなり、この作品を読むと違和感があるかもしれません。たとえば「空中ブランコ」とか「真夜中のマーチ」とか読んでからがお勧めです。

スポンサーリンク

: 無理(奥田 英朗)

無理(上)(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 合併で生まれた地方都市・ゆめので、兎っ屈を抱えながら暮らす5人の男女---人間不信の地方公務員、東京にあこがれる女子高生、暴走族上がりのセールスマン、新興宗教にすがる中年女性、もっと大きな仕事がしたい市議会議員---。 縁もゆかりもなかった5人に人生がひょんなことから交錯し、思いもよらない事態を引き起こす。 感想 久しぶりに読む奥田英朗さんの作品。楽しみです。 小さな町で、鬱屈(うっくつ)している、地方公務員、女子高生、セールスマン、中年女性、市議会議員、ほんとにどこにでもいる人たちが主人公です。 抱える問題は、人間不信、東京へのあこがれ、 … 続きを読む

: 銀翼のイカロス(池井戸潤)

銀翼のイカロス 池井戸潤

銀翼のイカロス(池井戸潤) スポンサーリンク 内容紹介 出向先から銀行に復帰した半沢直樹は、破綻寸前の巨大航空会社を担当することに。ところが政府主導の再建機関がつきつけてきたのは、何と500億円もの借金の棒引き!?とても飲めない無茶な話だが、なぜか銀行上層部も敵に回る。銀行内部の大きな闇に直面した半沢の運命やいかに?無敵の痛快エンタメ第4作。 感想 半沢直樹シリーズの4冊目。 半沢直樹の性格や行動がだいたい分かるようになりました。一本筋を通すします。 今回の舞台は、破綻寸前の巨大航空会社。その再建にまつわる話。どうしても実際にあったことを思い出します。 そして、長く続いた政権が倒れて、野党が政 … 続きを読む

: 七つの会議(池井戸 潤)

七つの会議 池井戸潤

七つの会議(池井戸 潤) スポンサーリンク 内容紹介 トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。筋書きのない会議がいま、始まる―。“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。 感想 帯に書かれている”「夢は捨 … 続きを読む

: 下町ロケット2 ガウディ計画(池井戸 潤)

下町ロケット2 ガウディ計画(池井戸 潤) スポンサーリンク 内容紹介 直木賞受賞作に待望の続編登場! その部品があるから救われる命がある。 ロケットから人体へ――。佃製作所の新たな挑戦! ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年――。 大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。 量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、 NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。 そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。 「ガウディ」と呼ばれるその医療機 … 続きを読む

: 家日和 いえびより(奥田 英朗)

家日和 奥田英朗

家日和 いえびより(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは……。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。 感想 久しぶりに読んだ奥田英朗の作品。この人の話は心が暖まります。好きです。6つの短編集ですが、それぞれ印象に残ります。 *サニーディ* ネットオークションにはまった主婦 … 続きを読む

: 我が家の問題(奥田 英朗)

我が家の問題 奥田英朗

我が家の問題(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意し……「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずが……「甘い生活?」。それぞれの家族に起こる、ささやかだけれど悩ましい「我が家の問題」。人間ドラマの名手が贈る、くすりと笑えて、ホロリと泣ける平成の家族小説。 感想 こちらも”家日和”と同様に6編の短編で構成されている。「甘い生活?」「ハズバンド」「絵里のエイプリル」「夫とUFO」「里帰り」「妻とマラソン」それぞれ味わい深い。中身の分析に … 続きを読む

: 用もないのに(奥田 英朗)

用もないのに 奥田英朗

用もないのに(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 職業:小説家。年齢:とりあえず中年。じきに五十路の身である。〆切のある旅なんて真っ平御免。自慢じゃないが、おやじの腰は重いのである。と、胸を張ったはどこへやら。編集者の甘言につられて、北京、NY,あっちこっちの野球場、果てはお遍路まで……。人気作家がしぶしぶ物した、脱力紀行エッセイ集。笑えますって! 感想 奥田英朗さんへの印象がずいぶん変わりました。言いたいことを言いたい放題。こんなことまで言っていいの?野球編では、そんな感じでした。 遠足編は、文春のB女子に無理やり企画された感じもありましたが、フジロックの章は、ちょっと私には理解できな … 続きを読む

: 陽のあたるオヤジ(大沢 在昌)

陽のあたるオヤジ(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 おやじとなったら、選ぶ道はひとつしかない。 「オヤジくさい」オヤジではなく「陽のあたる」オヤジになるしかない。 堅い決意を胸に抱いた著者が、自分の青春時代をふりかえりながら、酒、仕事、恋愛、釣り・・・・・について、どのように積極的に立ち向かうかをかたるエッセイ。 感想 新宿鮫から始まって中古本は読みつくしてしまってました。ようやく旧新刊?が出始めましたね。久しぶりに大沢さんの本を読みました。 題名は「陽のあたるオヤジ」なんて、かっこいいんですが、中身は中年オヤジの日々の悩みエッセー。 肥満体質で減量に悩むところなんかずいぶん大沢さんへ … 続きを読む