著者ア行

: フリーター、家を買う。(有川 浩)

フリーター家を買う 有川浩

[内容紹介]就職先を3カ月で辞めて以来、自堕落気侭に親の臑を齧って暮らす“甘ったれ”25歳が、母親の病を機に一念発起。バイトに精を出し、職探しに、大切な人を救うために、奔走する。本当にやりたい仕事って?やり甲斐って?自問しながら主人公が成長する過程と、壊れかけた家族の再生を描く、愛と勇気と希望が結晶となったベストセラー長篇小説。

感想

有川作品の中でも「わたしの心を打つ作品の上位にランクイン」です。有川さんは上手ですね。
主人公の息子の誠治、娘の亜矢子、父の誠一、そして母の寿美子。登場人物の性格がはっきりしていてわかりやすい。ちょっと極端すぎる気もするが、これぐらいのほうが話しとしてわかりやすい。

就職して3ヶ月で自分勝手な都合で退職してその後もアルバイトが続かずにフリーターの誠治。
母が重いうつ病などを発症して初めて、それまでの自分の甘さを思い知らされる。
一念発起して、お金を稼ぐことに懸命になる。それからは、ひとはこんなにも変われるのかと信じられないぐらいの頑張りを見せる。ずいぶんと調子の良いサクセスストーリーを見せられている感じがしないでもない。周囲の応援も得られるし。ちょっと羨ましい。

父親の誠一は、がんこで偏屈な男に描かれている。終盤になってそんなでもなかったというふうになっていくのが救いだが、ちょっと気の毒。

地域の中で村八分にされてしまうのは深刻な問題だと思う。他人のことはほっといてもらいたいと思う。どうしてこんなにも日本はムラ社会なんだろうと恨みたくもなる。強く同感を覚える。作者者はこの問題に対しては決して容赦はしない。胸がすっとする。

真奈美の言葉「でも、諦めてない武さんは間に合ってます。絶対にお母さんのこと間に合ってます!」泣かせられました。この言葉に誠治も救われます。
「こんな言葉がかけてもらえるように人生が過ごせたらいいな」と思わされるんですね。
[人生頑張ろう!]と元気が出てきます。
こういう思いを味わえるのが。小説を読む醍醐味です。
(2018.09.08)

スポンサーリンク

: 三匹のおっさんふたたび(有川 浩)

三匹のおっさんふたたび 有川浩

[内容紹介]剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近所の悪を斬るあの三人が帰ってきた! 書店万引き、不法投棄、お祭りの資金繰り … 続きを読む

: 県庁おもてなし課(有川 浩)

県庁おもてなし課(有川浩)

[内容紹介] とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員・掛水は、地方振興企画の手始めに、人気作家に観光特使を依頼するが、しかし……!? お役所仕事と民間感覚の狭間で揺れる掛水の奮闘が始まった!? 有川さんの郷 … 続きを読む

: 三匹のおっさん(有川 浩)

三匹のおっさん(有川浩)

[内容紹介] 還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・ … 続きを読む

: 海の底(有川 浩)

海の底(有川浩)

[内容紹介] 4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている!」自衛官は救出した子供たち … 続きを読む

: 空の中(有川 浩)

空の中(有川浩)

[内容紹介] 200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生 … 続きを読む

: 塩の街(有川 浩)

塩の街(有川浩)

[内容紹介] 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが―「世界 … 続きを読む

: 別冊図書館戦争I II(有川 浩)

別冊図書館戦争I(有川浩)

[内容紹介] 晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く―!?恋する男 … 続きを読む

: 図書館革命(有川 浩)

図書館革命(有川浩)

[内容紹介] 原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策 … 続きを読む

: 図書館危機(有川 浩)

図書館危機(有川浩)

[内容紹介] 思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由 … 続きを読む