浅田 次郎

: 見知らぬ妻へ(浅田 次郎)

[内容紹介]
新宿・歌舞伎町で客引きとして生きる花田章は、日本に滞在させるために偽装結婚した中国人女性をふとしたことから愛し始めていた.しかし…。(表題作)
才能がありながらもクラシック音楽の世界を捨て、クラブのピアノ弾きとして生きる元チェリストの男の孤独を描いた「スターダスト・レビュー」など、やさしくもせつない8つの涙の物語。

感想


浅田次郎さんの、やさしくもせつない8つの涙の物語。そうですね。どうしたら、あの顔から(失礼!)こんな物語が出てくるのか。
「かくれんぼ」
小さいころに一緒にかくれんぼをして、そのまま置き去りにした子は行方不明のまま。
その罪への記憶を背負った3人の、決してぬぐえない罪の意識。救いようのない話ですが、ラストで救われたのかな・・・
「ファイナル・ラック」
浅田さん得意の、過去とオーバーラップした進行。ビギナーズ・ラックならぬ、ファイナル・ラック、あってほしいものです。
(2013.05.27記)

スポンサーリンク

: きんぴか 真夜中の喝采(浅田 次郎)

[内容紹介] 草壁明夫が殺された。広橋をスケープゴートにした大物政治家・山内龍造の悪行を報道した、あの気鋭のジャーナリストが・・・。訃報を耳にした広橋は凍りつき、草壁に伝え忘れたセリフを口にするために立ち上がる。一方ピス … 続きを読む

: 夕映え天使(浅田 次郎)

[内容紹介] 東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ・・・・「夕映え天使」。定年を目前に控え、三陸へひとり旅に出た … 続きを読む

: 活動寫眞の女(浅田 次郎)

[内容紹介] 昭和四十四年、京都。大学の新入生で、大の日本映画ファンの「僕」は友人の清家忠昭の紹介で、古き良き映画の都・太秦の撮影所でアルバイトをすることになった。そんなある日、清家は撮影現場で絶世の美女と出会い、激しい … 続きを読む

: 月下の恋人(浅田 次郎)

[内容紹介] 恋人に別れを告げるために訪れた海辺の宿で起こった奇跡を描いた表題作、「月下の恋人」。ぼろアパートの隣の部屋に住む、間抜けだけど生真面目でちょっと憎めない駄目ヤクザの物語「風蕭蕭」。夏休みに友人と入ったお化け … 続きを読む

: 赤猫異聞(浅田 次郎)

赤猫異聞 浅田次郎

[内容紹介] 時は、明治元年暮。火の手の迫る伝馬町牢屋敷から解き放ちとなった訳ありの重罪人たち……博打打ちの信州無宿繁松、旗本の倅岩瀬七之丞、夜鷹の元締め白魚のお仙。牢屋同心の「三人のうち一人でも戻らなければ戻った者も死 … 続きを読む

: 一路(浅田 次郎)

一路上(浅田次郎)

一路(浅田 次郎) [内容紹介] 失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田辺郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督 … 続きを読む

: シェエラザード(浅田 次郎)

[内容紹介] 昭和二十年、嵐の台湾沖で、二千三百人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく―。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それを追求するため … 続きを読む

: 憑神(浅田 次郎)

[内容紹介] 時は幕末、処は江戸。貧乏御家人の別所彦四郎は、文武に秀でながら出世の道をしくじり、夜鳴き蕎麦一杯の小遣いもままならない。ある夜、酔いにまかせて小さな祠に神頼みをしてみると、霊験あらたかにも神様があらわれた。 … 続きを読む