奥田 英朗

: 東京物語(奥田 英朗)

[内容紹介]
1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊…。バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしい青春グラフィティ

感想


久しぶりに奥田英朗(おくだひでお)を読みました。
主人公は、田村となっていますが、かなり自伝的な色合いが強いと思われる作品です。
50代以上年代には、青春のころが懐かしく思い出されるいろいろなエピソードがちりばめてあります。
人の心の動きを丁寧に描写するところが、奥田さんの作風ですが、コピーライターとしての田村の行動や考え方から、
なるほど、奥田英朗はこうして生まれてきたのだな、と納得させられます。
いきなり、この作品を読むと違和感があるかもしれません。たとえば「空中ブランコ」とか「真夜中のマーチ」とか読んでからがお勧めです。

スポンサーリンク

: 無理(奥田 英朗)

[内容紹介] 合併で生まれた地方都市・ゆめので、兎っ屈を抱えながら暮らす5人の男女---人間不信の地方公務員、東京にあこがれる女子高生、暴走族上がりのセールスマン、新興宗教にすがる中年女性、もっと大きな仕事がしたい市議会 … 続きを読む

: 家日和 いえびより(奥田 英朗)

家日和 奥田英朗

[内容紹介] 会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょ … 続きを読む

: 我が家の問題(奥田 英朗)

我が家の問題 奥田英朗

[内容紹介] 夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意し……「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずが … 続きを読む

: 用もないのに(奥田 英朗)

用もないのに 奥田英朗

[内容紹介] 職業:小説家。年齢:とりあえず中年。じきに五十路の身である。〆切のある旅なんて真っ平御免。自慢じゃないが、おやじの腰は重いのである。と、胸を張ったはどこへやら。編集者の甘言につられて、北京、NY,あっちこっ … 続きを読む

: 聖なる夜に君は(奥田 英朗)

聖なる夜に君は 奥田英朗

[内容紹介] 娘がどきりとさせる言葉を口にした。クリスマスイヴの晩、友達の家に泊まるというのだ。 17歳の娘にとって、初めての外泊だ。友達の家なんて、たぶん嘘だろう。こんな時、母親として、自分はどういう態度をとるべきなの … 続きを読む

: ガール(奥田 英朗)

[内容紹介]わたし、まだオッケーかな。ガールでいることを、そろそろやめたほうがいいのかな。滝川由紀子、32歳。仕事も順調、おしゃれも楽しい。でも、ふとした時に、ブルーになっちゃう(表題作)。ほか、働く女子の気持ちをありえ … 続きを読む

: ララピポ(奥田 英朗)

[内容紹介]みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD … 続きを読む

: サウスバウンド(上)(奥田 英朗)

[内容紹介]小学校6年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても変わってるという。父が会社員だったことはない。物心ついた頃からたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友が … 続きを読む

: 真夜中のマーチ(奥田 英朗)

[内容紹介]自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔 … 続きを読む