奥田 英朗

: 東京物語(奥田 英朗)

東京物語(奥田 英朗)

スポンサーリンク

内容紹介

1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊…。バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしい青春グラフィティ

感想

久しぶりに奥田英朗(おくだひでお)を読みました。
主人公は、田村となっていますが、かなり自伝的な色合いが強いと思われる作品です。
50代以上年代には、青春のころが懐かしく思い出されるいろいろなエピソードがちりばめてあります。
人の心の動きを丁寧に描写するところが、奥田さんの作風ですが、コピーライターとしての田村の行動や考え方から、
なるほど、奥田英朗はこうして生まれてきたのだな、と納得させられます。
いきなり、この作品を読むと違和感があるかもしれません。たとえば「空中ブランコ」とか「真夜中のマーチ」とか読んでからがお勧めです。

スポンサーリンク

: 無理(奥田 英朗)

無理(上)(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 合併で生まれた地方都市・ゆめので、兎っ屈を抱えながら暮らす5人の男女---人間不信の地方公務員、東京にあこがれる女子高生、暴走族上がりのセールスマン、新興宗教にすがる中年女性、もっと大きな仕事がしたい市議会議員---。 縁もゆかりもなかった5人に人生がひょんなことから交錯し、思いもよらない事態を引き起こす。 感想 久しぶりに読む奥田英朗さんの作品。楽しみです。 小さな町で、鬱屈(うっくつ)している、地方公務員、女子高生、セールスマン、中年女性、市議会議員、ほんとにどこにでもいる人たちが主人公です。 抱える問題は、人間不信、東京へのあこがれ、 … 続きを読む

: 家日和 いえびより(奥田 英朗)

家日和 奥田英朗

家日和 いえびより(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは……。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。 感想 久しぶりに読んだ奥田英朗の作品。この人の話は心が暖まります。好きです。6つの短編集ですが、それぞれ印象に残ります。 *サニーディ* ネットオークションにはまった主婦 … 続きを読む

: 我が家の問題(奥田 英朗)

我が家の問題 奥田英朗

我が家の問題(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 夫は仕事ができないらしい。それを察知してしまっためぐみは、おいしい弁当を持たせて夫を励まそうと決意し……「ハズバンド」。新婚なのに、家に帰りたくなくなった。甲斐甲斐しく世話をしてくれる妻に感動していたはずが……「甘い生活?」。それぞれの家族に起こる、ささやかだけれど悩ましい「我が家の問題」。人間ドラマの名手が贈る、くすりと笑えて、ホロリと泣ける平成の家族小説。 感想 こちらも”家日和”と同様に6編の短編で構成されている。「甘い生活?」「ハズバンド」「絵里のエイプリル」「夫とUFO」「里帰り」「妻とマラソン」それぞれ味わい深い。中身の分析に … 続きを読む

: 用もないのに(奥田 英朗)

用もないのに 奥田英朗

用もないのに(奥田 英朗) スポンサーリンク 内容紹介 職業:小説家。年齢:とりあえず中年。じきに五十路の身である。〆切のある旅なんて真っ平御免。自慢じゃないが、おやじの腰は重いのである。と、胸を張ったはどこへやら。編集者の甘言につられて、北京、NY,あっちこっちの野球場、果てはお遍路まで……。人気作家がしぶしぶ物した、脱力紀行エッセイ集。笑えますって! 感想 奥田英朗さんへの印象がずいぶん変わりました。言いたいことを言いたい放題。こんなことまで言っていいの?野球編では、そんな感じでした。 遠足編は、文春のB女子に無理やり企画された感じもありましたが、フジロックの章は、ちょっと私には理解できな … 続きを読む