大沢 在昌

: 陽のあたるオヤジ(大沢 在昌)

陽のあたるオヤジ(大沢 在昌)

スポンサーリンク

内容紹介

おやじとなったら、選ぶ道はひとつしかない。
「オヤジくさい」オヤジではなく「陽のあたる」オヤジになるしかない。
堅い決意を胸に抱いた著者が、自分の青春時代をふりかえりながら、酒、仕事、恋愛、釣り・・・・・について、どのように積極的に立ち向かうかをかたるエッセイ。

感想

新宿鮫から始まって中古本は読みつくしてしまってました。ようやく旧新刊?が出始めましたね。久しぶりに大沢さんの本を読みました。
題名は「陽のあたるオヤジ」なんて、かっこいいんですが、中身は中年オヤジの日々の悩みエッセー。
肥満体質で減量に悩むところなんかずいぶん大沢さんへの親しみが増しました。  

スポンサーリンク

: 天使の牙(大沢 在昌)

天使の牙(上)(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 脳移植によって生まれた麻薬取締官・神崎アスカは、美しくも脆弱なマフィアの女の肉体と、元女刑事の強靱な精神を併せ持つ。ある日突然、麻薬取締部が襲撃される。ロングコートだけをまとい、乗り込んできた全裸の女は、一人を射殺し、犯罪者の引き渡しを要求して立てこもる。交渉人に指名されたアスカは、かつての同僚で恋人の古芳とコンビを組み、無事、人質を救出。だがそれは、壮絶な闘いの幕開けにすぎなかった…。 天使の牙(下)(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 犯罪組織「クライン」の独裁者君国の愛人はつみの身体と、女刑事明日香の精神を持つアスカは、己だ … 続きを読む

: 陽のあたるオヤジ(大沢 在昌)

陽のあたるオヤジ(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 おやじとなったら、選ぶ道はひとつしかない。 「オヤジくさい」オヤジではなく「陽のあたる」オヤジになるしかない。 堅い決意を胸に抱いた著者が、自分の青春時代をふりかえりながら、酒、仕事、恋愛、釣り・・・・・について、どのように積極的に立ち向かうかをかたるエッセイ。 感想 新宿鮫から始まって中古本は読みつくしてしまってました。ようやく旧新刊?が出始めましたね。久しぶりに大沢さんの本を読みました。 題名は「陽のあたるオヤジ」なんて、かっこいいんですが、中身は中年オヤジの日々の悩みエッセー。 肥満体質で減量に悩むところなんかずいぶん大沢さんへ … 続きを読む

: 影絵の騎士(大沢 在昌)

影絵の騎士 大沢在昌

影絵の騎士(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 この国が行き着く姿とは……。スラム化した東側と西側とに二極化した東京。ネットワークというテレビ組織に多くの産業が吸収されてしまう一方、映画産業は東京湾の人工島で独自の発展を遂げる。折しも、ネットワークを通じた連続予告殺人に、番組は高視聴率を獲得。私立探偵ヨヨギ・ケンが事件の真相を迫るべく、人工島へと潜りこむ! 日本の近未来を壮大なスケールで描くエンタテインメント大作。 感想 ケンがよく状況がつかめないままに行くところどころで事件や殺人が起きていく。読者もよくわからないままストーリーが進んでいく。近未来といいながら、映画とネットの世界のすみわ … 続きを読む

: 野獣駆けろ(大沢 在昌)

野獣駆けろ 大沢在昌

野獣駆けろ(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 元傭兵部隊の兵士であった圭介は、いまは六本木の遊び人として享楽的で退屈な日々を送っている。だが、新作をめぐって脅迫されているという老作家のボディガードを友人から頼まれた夜から、そんな生活は一変した。友人が殺され、圭介は老作家をつけ狙うプロの殺し屋と闘うことになる。やがて「兵士」としての血が蘇り……。自らの誇りのために命を賭ける男たちを描く、傑作ハードボイルド。 感想 福井晴敏さんのガンダムUCシリーズを読み終えた直後だったせいもあってか、大沢さんの著書を久しぶりに読んだのだけど、ずいぶん読みやすく感じた。 ほとんど後半は一気読み。 文庫本の … 続きを読む

: 暗黒旅人(大沢 在昌)

暗黒旅人 大沢在昌

暗黒旅人(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 売れない作家と芽のでない女優。不遇の日々に疲れ果て樹海に潜り込んだ恋人たちの前に謎の老人が現れる。「成功を授けよう。ただし男女の仲を捨て、男は『使命』を受けろ」。九年後、富と名声を得た男のもとに、奇怪なイメージが飛来した。男は直感する。「使命」を果たす時が来たのだ、と。ホラー&アクション。 感想 最初の設定の奇妙さと言い、4つの章にわたって起こるちょっと信じられない4つの奇怪な出来事。強引な感じもしますが、不思議の世界に導いてくれう。こういうのがホラー小説というんですね。 水、火、木、土にまつわる邪悪と使命人御岳(みたけ)の闘い。そ … 続きを読む

: 特殊捜査班カルテット 生贄のマチ(大沢 在昌)

生贄の街 大沢在昌

特殊捜査班カルテット 生贄のマチ(大沢 在昌) スポンサーリンク 内容紹介 家族を何者かに惨殺された過去を持つタケルは、クチナワと名乗る車椅子の警視正に、極秘の捜査チームへ誘われる。”本社”という組織が麻薬売買目的で企画する音楽イベントへの潜入を命じられたタケルは、会場で二人の若者‐―中国残留孤児三世として鬱屈を抱えるコウ、復讐のためイベント企画者の恋人を演じる美少女カスミ‐―と出会う。孤独な潜入捜査班の葛藤と成長を描く、エンタテインメント巨編!解説・小島秀夫 感想 やけに読みやすいと思いながら読み終えた。そのわけは、解説を読んでわかる。活字離れした若者たちに、「物語」の面白さを認識してもらう … 続きを読む