大沢 在昌

: 陽のあたるオヤジ(大沢 在昌)

[内容紹介]
おやじとなったら、選ぶ道はひとつしかない。
「オヤジくさい」オヤジではなく「陽のあたる」オヤジになるしかない。
堅い決意を胸に抱いた著者が、自分の青春時代をふりかえりながら、酒、仕事、恋愛、釣り・・・・・について、どのように積極的に立ち向かうかをかたるエッセイ。

感想


新宿鮫から始まって中古本は読みつくしてしまってました。ようやく旧新刊?が出始めましたね。久しぶりに大沢さんの本を読みました。
題名は「陽のあたるオヤジ」なんて、かっこいいんですが、中身は中年オヤジの日々の悩みエッセー。
肥満体質で減量に悩むところなんかずいぶん大沢さんへの親しみが増しました。  

スポンサーリンク

: 天使の牙(大沢 在昌)

[内容紹介] 脳移植によって生まれた麻薬取締官・神崎アスカは、美しくも脆弱なマフィアの女の肉体と、元女刑事の強靱な精神を併せ持つ。ある日突然、麻薬取締部が襲撃される。ロングコートだけをまとい、乗り込んできた全裸の女は、一 … 続きを読む

: 影絵の騎士(大沢 在昌)

影絵の騎士 大沢在昌

[内容紹介] この国が行き着く姿とは……。スラム化した東側と西側とに二極化した東京。ネットワークというテレビ組織に多くの産業が吸収されてしまう一方、映画産業は東京湾の人工島で独自の発展を遂げる。折しも、ネットワークを通じ … 続きを読む

: 野獣駆けろ(大沢 在昌)

野獣駆けろ 大沢在昌

[内容紹介] 元傭兵部隊の兵士であった圭介は、いまは六本木の遊び人として享楽的で退屈な日々を送っている。だが、新作をめぐって脅迫されているという老作家のボディガードを友人から頼まれた夜から、そんな生活は一変した。友人が殺 … 続きを読む

: 暗黒旅人(大沢 在昌)

暗黒旅人 大沢在昌

[内容紹介] 売れない作家と芽のでない女優。不遇の日々に疲れ果て樹海に潜り込んだ恋人たちの前に謎の老人が現れる。「成功を授けよう。ただし男女の仲を捨て、男は『使命』を受けろ」。九年後、富と名声を得た男のもとに、奇怪なイメ … 続きを読む

: 夜明けまで眠らない(大沢 在昌)

[内容紹介] タクシー運転手の久我は、血の匂いのする男性客を乗せた。かつてアフリカの小国で傭兵として戦っていた久我の同僚らしい。客は車内に携帯電話を残して姿を消した。その携帯を奪おうとする魔手が迫り、久我は縁を切ったはず … 続きを読む

: 魔物(大沢 在昌)

   [内容紹介] 北海道の麻薬取締官・大塚に、ロシアマフィアと地元やくざとの麻薬取引の情報が入る。現場を押さえブツを押収したものの、運び屋であるロシア人は銃撃による重傷を負いながらも警官数名を素手で殺害し、町に消えた。 … 続きを読む

: ニッポン泥棒(大沢 在昌)

[内容紹介] 容(「BOOK」データベースより) あらゆる諜報機関から極秘データを盗み出して作られた、驚愕のコンピュータソフト。その争奪戦に巻き込まれた男の運命は?膨張するネット社会への恐怖と人の心の強さを問いかける、大 … 続きを読む

: パンドラ・アイランド(大沢 在昌)

[内容紹介] 南海の孤島で“保安官”として平穏に暮らすことを望んだ元刑事・高州。だが、一人の老人の死をきっかけに、キナ臭い秘密が浮かび上がる…。島の人間が守ろうとする“秘密”とは。