著者ハ行

: 夢を売る男(百田 尚樹)

夢を売る男 百田尚樹

[内容紹介]
輝かしい自分史を残したい団塊世代の男。スティーブ・ジョブズに憧れるフリーター。自慢の教育論を発表したい主婦。本の出版を夢見る彼らに丸栄社の敏腕編集長・牛河原は「いつもの提案」を持ちかける。「現代では、夢を見るには金がいるんだ」。牛河原がそう嘯くビジネスの中身とは。現代人のいびつな欲望を抉り出す、笑いと涙の傑作長編。

感想


いろいろな分野に挑戦中の百田さん、今度は出版会の裏話に挑戦。
出版社主催の「新人賞システム」の応募者、それも新人賞をのがした人に、「自費で本を出版しませんか?」と持ちかけるビジネス。
いかにもありそうです。そしてそれに乗っかる人々。
本を作るだけなら30万円ほどできるのに、それを百万円とかもっと高い見積もりを出して、利益を稼ぐ。
美味しい商売があったものです。
勧誘するための手口もどんどん暴露されます。牛河原部長が特にやり手で会社の業績を引き上げています。
素人作家からの儲け話がいくつか紹介される一方で、出版社の苦しい事情も明かされます。
一度売れたプロの作家が次のヒット作を出せずに消えていく実情。
小説の専門誌で連載した作品を単行本にして、それが文庫本にまでできれば元を取れる構図。
本を読まれなくなって尻すぼみの業界で、本を出しても赤字で、それを雑誌などの収益で補う。

ほとんどこのような暴露話が続きます。

終わりの頃になって、作品のタイトル、「夢を売る男」の意味がだんだん明らかに。
牛河原部長の信念を聞かされてしまいます。
それを読んでいくうちに、「百万円出しても惜しくないかな」という気にさせられてしまう?のが怖い?

終盤のライバル社を潰す話は、正しいものが勝利するということでスッキリします。
最後の、年金ぐらしのおばあちゃんの出版の話は、ほのぼのとさせられ、牛河原部長の男を上げます。

とにかく全体に気楽に読めます。
本好きの人なら知っておいても損はない出版業界の裏話がわかるという意味で、面白い。
(2018.03.24)

スポンサーリンク

: 6ステイン(福井 晴敏)

[内容紹介] 愛する男を待ち続ける女、隠居した天才的スリ、タクシー運転手として働きながら機が満ちるのを待った工作員。心に傷を持ちながら、独り誇りを抱き続けた者たちの消せない染み。あきらめることを知らない6つの魂が、薄明の … 続きを読む

: 小説・震災後(福井 晴敏)

[内容紹介] 二〇一一年三月十一日、東日本大震災発生。多くの日本人がそうであるように、東京に住む平凡なサラリーマン・野田圭介の人生もまた一変した。原発事故、錯綜するデマ、希望を失い心の闇に囚われてゆく子供たち。そして、世 … 続きを読む

: 人類資金(福井 晴敏)

人類資金 福井晴敏

[内容紹介] 全7巻〔しかも最終巻はこの厚さ!)、執筆5年に及ぶこの長大な小説を最後までお読みいただいた読者の皆様だけに、感謝をこめて限定公開! 執筆に先立って書かれたプロット(あらすじを)完全無修正で全文収録、さらに著 … 続きを読む

: 機動戦士ガンダム(福井 晴敏)

ガンダム1 福井晴敏

ユニコーンの日(上)機動戦士ガンダムUC-01(福井 晴敏) [内容紹介] 人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって一世紀。工業用スペースコロニーに住む平凡な少年バナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗 … 続きを読む

: 東京湾にソ連潜を追え(檜山 良昭)

[内容紹介] 横須賀沖で発見された、ソ連のものと思われる小型潜水艇。不発機雷撤去の名目で現場海域を封鎖した海上自衛隊は、個の潜水艇を暗礁地帯に追いつめる。その頃米海軍は、東京湾へ向けてまっしぐらに日本領海を目指す。別のソ … 続きを読む

: 「探偵ガリレオ」「予知夢」(東野 圭吾)

東野圭吾に2冊挑戦しましたが、ストーリーがつながりにくくて、ちょっと私には合わないかな。 でも、今一番売れている作家のひとり?のようなので、目を引く作品があれば、もう少しトライしてみます。

: 愛しの座敷わらし(荻原 浩)

[内容紹介] 食品メーカーに勤める一家の主・晃一の左遷から、田舎の古民家に引っ越した高橋家。夫の転勤に辟易する史子、友達のいない長女・梓美、過保護気味の長男・智也、同居の祖母は認知症かもしれず・…しかもその家には、不思議 … 続きを読む

: 月の上の観覧車(萩原 浩)

月の上の観覧車 萩原浩

[内容紹介] 閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に乗りこんだ男は月に向かってゆっくりと夜空を上昇していく。いったい何のために? 去来するのは取り戻せぬ過去。甘美な記憶、見据えるべき未来……そして、仄かな、希望。ゴンドラが頂 … 続きを読む

: サニーサイドエッグ(萩原 浩)

サニーサイドエッグ 萩原浩

[内容紹介] わたしは最上俊平、私立探偵である。ハードボイルド小説を愛する私は、決してペット探偵ではないのだ。だが、着物姿も麗しい若い女性とヤクザから、立て続けにネコ探しの依頼が。しかも、どちらの猫もロシアンブルー!?  … 続きを読む