福井 晴敏

: 6ステイン(福井 晴敏)

[内容紹介]
愛する男を待ち続ける女、隠居した天才的スリ、タクシー運転手として働きながら機が満ちるのを待った工作員。心に傷を持ちながら、独り誇りを抱き続けた者たちの消せない染み。あきらめることを知らない6つの魂が、薄明の世界に鮮烈な軌跡を刻む。著者が織り成す切なく熱い人間賛歌、人生を戦うすべての者へ。

感想


設定が良くわからないままにストーリーが進んでいくので、ちょっと戸惑います。
それが結局最後まで続いた感じですが、何かがこころに残る作品集でした。
また次の作品が出るんでしょうか?読みたい作家の一人です。(2013.01.20記)

スポンサーリンク

: 小説・震災後(福井 晴敏)

[内容紹介] 二〇一一年三月十一日、東日本大震災発生。多くの日本人がそうであるように、東京に住む平凡なサラリーマン・野田圭介の人生もまた一変した。原発事故、錯綜するデマ、希望を失い心の闇に囚われてゆく子供たち。そして、世 … 続きを読む

: 人類資金(福井 晴敏)

人類資金 福井晴敏

[内容紹介] 全7巻〔しかも最終巻はこの厚さ!)、執筆5年に及ぶこの長大な小説を最後までお読みいただいた読者の皆様だけに、感謝をこめて限定公開! 執筆に先立って書かれたプロット(あらすじを)完全無修正で全文収録、さらに著 … 続きを読む

: 機動戦士ガンダム(福井 晴敏)

ガンダム1 福井晴敏

ユニコーンの日(上)機動戦士ガンダムUC-01(福井 晴敏) [内容紹介] 人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって一世紀。工業用スペースコロニーに住む平凡な少年バナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗 … 続きを読む

: 川の深さは(福井 晴敏)

[内容紹介]「彼女を守る。それがおれの任務だ」傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、少年を匿い、底なしの川に引き込まれてゆく。やがて浮かび上がる敵の正体。風化しかけた地下鉄テ … 続きを読む

: Twelve Y.O.(福井 晴敏)

[内容紹介]沖縄から米海兵隊が撤退した。それは米国防総省(ペンタゴン)が、たった1人のテロリストに屈服した瞬間だった。テロリストの名は「12」。最強のコンピュータウィルス「アポトーシス2」と謎の兵器「ウルマ」を使い、米国 … 続きを読む

: 戦国自衛隊1549(福井 晴敏)

[内容紹介]自衛隊演習場で、新兵器の実験中に暴走事故が発生。的場一佐率いる第三特別混成団が約460年前の戦国時代に飛ばされてしまう。一方、その影響と思われる虚数空間が日本各地に出現し、現代世界を侵食し始めた。的場たちを救 … 続きを読む

: 亡国のイージス(福井 晴敏)

[内容紹介]亡国のイージス(上): 在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき … 続きを読む

: 終戦のローレライ(福井 晴敏)

[内容紹介]終戦のローレライ1: 昭和20年、日本が滅亡に瀕していた夏。崩壊したナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507が、男たちの、国家の運命をねじ曲げてゆく。五島列島沖に沈む特殊兵器・ローレライとはなにか。終 … 続きを読む