著者カ行

: モルフェウスの領域(海堂 尊)

モルフェウスの領域_海堂尊

[内容紹介]
桜宮市に新設された未来医学探究センター。日比野涼子はこの施設で、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年の生命維持業務を担当している。少年・佐々木アツシは両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために5年間の“凍眠”を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が発生することに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する。人間の尊厳と倫理を問う、最先端医療ミステリー!

感想


人間を人工的に冬眠させる「凍眠」、覚醒させる様子が描かれているが、水溶液に長く浸されていた人間をから水溶液を吐き出させ、意識を回復させる。リアルで将来はありそうな感じを受けた。
眠っている間も身体は少しずつ成長するが、精神は留まったまま。そのかわりに睡眠学習で知識を補うという、よくできたはなしだ。
官僚が作った法律のせいで、このシステムは1回限りになるとか、被験者のアツシの人権が守られないとかいうところの理屈が今ひとつ理解できなかった。アツシを守るために涼子が2番めの凍眠被験者になるという最後の展開は、理屈はよくわからないが心には響くものがあった。
作者の社会のひずみを訴えるという試みは、今回のテーマではかなりSFぽくって、現いつ離れしている感じもするが、ありそうな事かもしれないとの感想を持った。
(2018.05.21)

スポンサーリンク

: 心霊特捜(今野 敏)

[内容紹介] エレベーターで男が死んだ。 被害者には心臓疾患があり死因は急性心不全、事件性は薄いとみる所轄署に“彼ら”は解剖をするように進言する。 結果、殺人の疑いが・・・(「死霊のエレベーター」)。 “彼ら”とは、霊が … 続きを読む

: ビギナーズラック(今野 敏)

[内容紹介] 男には闘わなくてはいけない時がある―人気作家・今野敏の原点がこの一冊に!ドライブ中、暴走族に囲まれた一組の男女。恐怖で身動きがとれず、恋人を目の前で犯されかけた時、情けなさが怒りに変わった。理不尽な暴力に対 … 続きを読む

: ヘッドライン(今野 敏)

[内容紹介] 報道番組「ニュースイレブン」の記者、布施。素行の悪さに目をつけられながらも、独自の取材で多くのスクープをものにしてきた彼が興味を示した女子学生猟奇殺人事件は、警視庁捜査1課第二係、黒田の担当だった。警察も知 … 続きを読む

: クローズアップ(今野 敏)

クローズアップ 今野敏

[内容紹介] 週刊誌の記者が何者かに殺された。偶然その場に居合わせた報道番組「ニュースイレブン」記者の布施は事件直後の現場撮影に成功、翌日のニュースで映像が流される。一方、継続捜査を受け持つ捜査一課の黒田はある暴力団の組 … 続きを読む

: アクティブメジャーズ(今野 敏)

アクティブメジャーズ 今野敏

[内容紹介] 警察庁警備局警備企画課の情報分析室、通称「ゼロ」の研修から戻った倉島警部補は、同じ公安外事課の先輩・葉山の動向を探るよう命じられる。同じ日、大手新聞社の大物がマンションから転落死した。倉島は、無関係に見える … 続きを読む

: あすなろの詩(鯨 統一郎)

[内容紹介] 「伝統の文芸誌『あすなろの詩』を復刊しよう」 --同じ志のもとに集まった6人の大学生たち。 小説家になることを夢見て、切磋琢磨する日々。 やがて芽生える友情、そして恋。 しかし・・・。 「あすなろの詩」が完 … 続きを読む

: マグレと紅白歌合戦(鯨 統一郎)

[内容紹介] 東京タワーのてっぺんに突き刺さった人間の死体・・・。 警察庁特命刑事・間暮誠は、その光景を一目見るなり呟いた。 --「見立て殺人です」 事件はそれだけに留まらない。 北は北海道から南は沖縄まで、日本全国で発 … 続きを読む