著者マ行

: 月と蟹(道尾 秀介)

月と蟹(道尾秀介)

スポンサーリンク

内容紹介

「ヤドカミ様、僕の願いを叶えて」。行き場のない思いを込めた他愛ない儀式がやがて……。子供たちの切実な心が胸に迫る俊英の傑作!第144回直木賞受賞作品。

感想

道尾秀介氏の直木賞受賞作ということで手に取りました。
4章まで子どもたちのヤドカリを捕まえての遊びを中心に延々と細かな描写が続きます。
最初は残酷な遊びに眉をひそめましたが、子供の遊びとはそんなものだろうと自分で納得させながら読みすすめます。

読んでてなんかじれったく感じてしまったんです。
主人公の富永慎一は父を病気でなくし、母純江と祖父昭三との三人ぐらし。
慎一は心の中で母を純江と呼び捨てにする。これが最後まで不思議。
昭三が自動車事故で鳴海の母を轢き殺してしまった過去。
それなのに慎一は鳴海と親しくなる。
母の純江は鳴海の父と何故か親しくなって肉体関係を持つようになる。
親友の春也が父親から受ける虐待。
慎一はそういったことに内心のいらだちをだんだん募らせて爆発していってしまう。

道尾氏独特のサスペンス臭というか、だんだんホラー小説ぽくなってきて、これからどんな展開になるんだろうと、怖くなって途中で読むのを何度もやめたくなりました。

でも直木賞だから、我慢して最後まで読み通すぞ。

5章の最後の100頁ぐらいから、だんだん全体がわかってきます。
慎一の心の葛藤、親友の春也の心の葛藤。最後に明かされます。
鳴海の心境も最後の最後に明かされます。

おとなは勝手で弱い生き物、子供はそれに振り回されて苦しんでしまう。

祖父がなくなって、母子は街を離れていく。それがお話しの結末。
なんか救いがありません。
鳴海との別れのシーンと春也の手紙への慎一の感想で少しは救いがあったかな。

月と蟹という題名は最後までよく理解できていません。

カニが内蔵を食い荒らしたり、ヤドカリ(カニではないけど?)で何を表現したかったのかな?

もしかして、こういう事かもしれません。

慎一がヤドカミサマにお願いします。鳴海のお父さんを殺してください。

それが実現することを慎一は知っています。
今か今かと時間の進みの遅さを恨みながらひたすら待ちます。

でもそれがだんだんと耐えきれなくなって走り出します。
ころぼうが擦りむこうが構わず、思い当たるところすべてを回って走り続けます。
そして最後に鳴海の父の乗る車を見つけて……。

このあたりの慎一の心の変化がこの小説の最大の見せ場でしょうね。
子供ながらに一つの殻を破った、大きな心の飛躍だったのでしょうか。

心象風景とかを細かく書いてあることと、著者のサスペンスの味付けが、直木賞受賞の理由なのかなと私は解釈しました。

心象風景などを細かく書いてある作品は私には苦手。いわゆる純文学?はもうずいぶん長い間読んだことがありません。軽いと言われるんでしょうけど、娯楽作品がリフレッシュできて、わたしにはいいです。これが実感。

道尾秀介氏は好きな著者の一人です。この作品は、読むのがしんどかったけど、いろいろと考えさせてはくれました。次は、もっと気楽に読める作品を選びたい(2018.04.20)

スポンサーリンク

: 史上最強の内閣(室積 光)

史上最強の内閣(室積 光) スポンサーリンク 内容紹介 北朝鮮が、日本に向けた中距離弾道ミサイルに燃料注入を開始した。中身は核なのか。支持率低迷と経済問題で打つ手なしの自由民権党の浅尾総理は、国家的な有事を前に京都に隠されていた「本物の内閣」に政権を譲ることを決意した。指名された影の内閣は、京都の公家出身の首相を筆頭に、温室育ちの世襲議員たちでは太刀打ちできない国家の危機を予測し、密かに準備されていた強面の「ナショナルチーム」だった。果たして、その実力は?―。 感想 おもしろい、というか、今の日本の北朝鮮との関係を、一見コミカルに、実はかなり真面目に描写しています。核ミサイルと拉致、現状の膠着 … 続きを読む

: すっぴん魂 かっぱ巻き(室井 滋)

すっぴん魂 かっぱ巻き(室井 滋) スポンサーリンク 内容紹介 たとえメイクはしていても、心の中はいつもスッピン。大笑いの後でホロリと泣ける、室井マジック。むかつく日常にムロイを一服! 感想 富山出身の女優さん。え、この人富山なの!最初はびっくり。 でも何冊か、著書を読んでいるうちに、納得。何事にも真剣、くそまじめ。 ただ、室井さんは、ズバッといい切りますね、そこがうらやましいというか、好きです。 この本、「スッピン魂 かっぱ巻き」は、よくこんなにいろいろな出会いがあるものだと感心させられますが、読んでいて、おもしろい。 お勧めです。おまけの「ショージ君よりムロイヘ七つの質問」と、その答えがも … 続きを読む

: 東京バカッ花(室井 滋)

東京バカッ花(室井 滋) スポンサーリンク 内容紹介 故郷の富山から上京し、東京で初めて借りた部屋の家賃は二万五千円。あの頃の私は、とてもお人好しで、まったく人を疑うことを知らなかった・・・・。引き受けたバイトは表札売り、うぐいす嬢、ホステス、そして謎の「お運びさん」!? 大都市・東京の片隅で、おずおずと、けれど生き生きと花開いた、大学生ムロイの愚かしくも愛しい日々。 感想 こころから笑える、室井滋の原点。バカなことも素直な気持ちからやってしまっていて、自分でもそのバカさ加減に気づいていない。 そんな思いがしました。大学生の頃は、何もかも新鮮で何をやるにしても楽しかったし、酸っぱい思い出もあり … 続きを読む

: 私は、おっかなババア(室井 滋)

私は、おっかなババア(室井 滋) スポンサーリンク 内容紹介 いつから私はグラビア撮影の時、カメラマンから”おっかなババア”役を求められるようになったんだろう?何を隠そうその原因はこのエッセイ集にあるのだ! さあ、筋金入りのクレーマー・ムロイがなかなか言えない一言を、あなたに代わってズバリ決めます。文庫特別付録は俳優の佐野史郎さんとの爆笑マル秘対談。読まなきゃソン! 感想 室井さんの”すっぴん魂”もシリーズ4冊目、相変わらずズバズバと切っています。 読み始めてはじめのころは”少しマンネリかな”と感じましたが、読み進めるにつれてムロイペースにはまってしまいます。 いいところは、よくもこんなに日常 … 続きを読む

: しんシン体操(室井滋)

しんシン体操(室井滋) スポンサーリンク 内容紹介 人生、肩の凝ること多いですよね。何を隠そう、ムロイも自分をリセットしてくれる癒しスポットや不思議体験に目がありません。極上の滋養・美容スポットから驚きの前世療法まで、ムロイが体を張って体験してきました。「CREA」の人気連載からとっておきを一挙お蔵だし! 文庫オリジナル企画、大反響の前世催眠・続編も収録。 感想 今までの室井さんの本とは全然違う趣なので、最初戸惑いました。 でも読み進めるうちに、いつもの飾らないムロイが出てきて楽しめます。 こころとからだを癒してくれる民間療法にはこんなにもいろいろとあるのだということが学べます。 「前世催眠」 … 続きを読む

: 向日葵の咲かない夏(道尾 秀介)

向日葵の咲かない夏 道尾秀介

向日葵の咲かない夏(道尾 秀介) スポンサーリンク 内容紹介 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。「僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。 感想 タイトルが読めますか?ひまわりのさかないなつ。他の作者と勘違いして手にした作品でしたが、読みごたえがありました。生まれ変わりが平気で出てくるところはちょっと変な感じですが、 … 続きを読む

: 片目の猿(道尾 秀介)

片目の猿 道尾秀介

片目の猿(道尾 秀介) スポンサーリンク 内容紹介 盗聴専門の探偵、それが俺の職業だ。目下の仕事は産業スパイを洗い出すこと。楽器メーカーからの依頼でライバル社の調査を続けるうちに、冬絵の存在を知った。同業者だった彼女をスカウトし、チームプレイで核心に迫ろうとしていた矢先に殺人事件が起きる。俺たちは否応なしに、その渦中に巻き込まれていった。謎、そして……。ソウルと技巧が絶妙なハーモニーを奏でる長編ミステリ。 感想 タダの探偵ミステリー小説と思って読み進めると、最後にトリックが仕込まれている。さらにそのあとにもということで何度も楽しまさせてもらった。 タイトルの「片目の猿」99匹の片目の猿の集団の … 続きを読む

: カラスの親指(道尾 秀介)

カラスの親指 道尾秀介

カラスの親指(道尾 秀介) スポンサーリンク 内容紹介 人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。道尾秀介の真骨頂がここに! 感想 記録を見ると、読んだのは2度め。でも読んだ記憶が全くない。 やはり、呼んだあと少しでもいいから何か感想を残しておかないといけませんね。反省。 さて、タイトルが「カラスの親指」、一体何のことか想像もつかない不思議なタイトル。 読み終わっ … 続きを読む

: 総員玉砕せよ!(水木 しげる)

総員玉砕せよ!(水木 しげる) スポンサーリンク 内容紹介 昭和二十年三月三日、南太平洋・ニューブリテン島のバイエンを死守する、日本軍将兵に残された道は何か。アメリカ軍の上陸を迎えて、五百人の運命は玉砕しかないのか。聖ジョージ岬の悲劇を、自らの戦争体験に重ねて活写する。戦争の無意味さ、悲惨さを迫真のタッチで、生々しく訴える感動の長編コミック。 感想 文庫本のコミックを買うのはおそらく私は初めて? NHK朝のテレビ小説で、このコミックのことを取り上げていたのが、印象に残っていました。 「買わないとあとできっと後悔する」と思い、買いました。400円也。 水木さんの絵って、登場人物がみな、間延びした … 続きを読む