著者サ行

: もののふ(柴田 錬三郎)

もののふ 柴田錬三郎

[内容紹介]
陰謀、裏切り、卑劣、戦国期随一の奸雄、斎藤道三の悪辣残酷な血とその宿運を描く「斎藤道三残虐譚」。佐助と才蔵、卓越した二人の忍びが天下の再びの争乱を謀った……。信長暗殺を大胆な構想で描く「本能寺」。鎌倉から戦国まで武士たる者の壮絶な一瞬を捉えた歴史譚集「もののふ」「戦国武士」等、激動期に生命を賭して美を貫いた男どもの苛烈極まりない死に様を描く12の傑作。

感想


無名の人たちを掘り起こして、その人生を柴錬流に料理する。
この作品では、気骨と心意気がテーマの作品が多いようだ。欲のためでなしに、自分の信じた道を進む。傍から見るとばかばかしく思われても構わない。そんな男たちの姿が描かれている。
敵討ちの話では、そんなにまで苦労して敵を討たなくてはいけないのかと思わず言ってしまいそうになるが、当人たちにとっては命にも代えられない大事な人生のテーマのようだ。それを決して否定できではなしに、柴田は淡々と描いていく。
「浪士組始末」では、清川八郎なる人物については名前しか知らなかったが、黒幕として暗躍した人物としての認識を新たにすることができた。それにしてもあっけないと言えばあっけない最後で、悲哀を感じる。
「本能寺」はちょっとテーマとは外れているが、猿飛佐助と服部半蔵が有名な歴史を作った立役者だというストーリーは、ひょっとしてありかなと思わさせられるほど、リアリティがある。
「竹橋血闘譚」歴史には全く現れてこない話だが、二百数十名もの兵卒がリーダーもなしに反乱を起こしたという事実に驚くとともに、そういう行動に駆り立てられざるを得なかった時代背景を知ると、いつの時代でも庶民は虐げられたままなのだなと感じさせられてしまった(2017.07.16)

スポンサーリンク

: 半パン・デイズ(重松 清)

[内容紹介] 東京から、父のふるさと、瀬戸内の小さな町に引越してきたヒロシ。アポロと万博に沸く時代、ヒロシは少しずつ成長していく。慣れない方言、小学校のヤな奴、気になる女の子、たいせつな人との別れ、そして世の中…。「青春 … 続きを読む

: ブランケット・キャッツ(重松 清)

[内容紹介] 馴染んだ毛布とともに、2泊3日でレンタルされる「ブランケット・キャッツ」。 父親がリストラされた家族、子供のできない夫婦、いじめに直面した息子と両親、25歳のフリーターと派遣社員の彼女---。 「明日」が揺 … 続きを読む

: 青春夜明け前(重松 清)

青春夜明け前 重松清

[内容紹介] 10代、男子。愛おしくおバカな季節。何かというとボッキしてばかりいたあの頃の僕たちは、場違い全開のエロ話と「同盟」「条約」「宣戦布告」という言葉が好きだった。そして何より「親友」という言葉が好きだった。男子 … 続きを読む

: 小学五年生(重松 清)

小学5年生 重松清

[内容紹介] クラスメイトの突然の転校。近しい人との死別。見知らぬ大人や、転校先での出会い、異性へ寄せるほのかな恋心淡い性への目覚め、ケンカと友情……まだ「おとな」ではないけれど、もう「こども」でもない。微妙な時期の小学 … 続きを読む

: あすなろ三三七拍子(重松 清)

あすなろ三三七拍子 重松清

[内容紹介] 藤巻大介、四十五歳、総務課長。ワンマン社長直命の出向先は「あすなろ大学応援団」。団員ゼロで廃部寸前の『団』を救うため、大介は特注の襟高学ランに袖を通す決意をする。妻と娘は呆れるが、社長の涙とクビの脅しに、返 … 続きを読む

: 南極風(笹本 稜平)

南極風 笹本稜平

[内容紹介] ニュージーランドの名峰アスパイアリングで起きた遭難事故が、森尾正樹を奈落の底に突き落とした。登山ガイドの彼は悪天候のなか瀕死のツアー客を救出し一躍英雄となるが、突如、保険金殺人の容疑で逮捕されたのだ。冤罪を … 続きを読む

: 大将(柴田 錬三郎)

[内容紹介]柴田錬三郎が晩年に書いた現代小説。かつて〈四国の大将〉の異名を取った昭和後期の財界の大物、坪内寿夫の半生を描いた異色作です。

: 生命ぎりぎり物語(柴田 錬三郎)

[内容紹介]日本初のボクシング世界バンタム級チャンピオン芝雄吉は、その強烈なパンチのため、リング上で対戦相手を二人も殺してしまった。罪悪感に駆られ、ボクサーをやめる決意をした雄吉は、新たな人生を求めて北海道の原野へと旅立 … 続きを読む