柴田 錬三郎

: もののふ(柴田 錬三郎)

もののふ 柴田錬三郎

もののふ(柴田 錬三郎)

スポンサーリンク

内容紹介

陰謀、裏切り、卑劣、戦国期随一の奸雄、斎藤道三の悪辣残酷な血とその宿運を描く「斎藤道三残虐譚」。佐助と才蔵、卓越した二人の忍びが天下の再びの争乱を謀った……。信長暗殺を大胆な構想で描く「本能寺」。鎌倉から戦国まで武士たる者の壮絶な一瞬を捉えた歴史譚集「もののふ」「戦国武士」等、激動期に生命を賭して美を貫いた男どもの苛烈極まりない死に様を描く12の傑作。

感想

無名の人たちを掘り起こして、その人生を柴錬流に料理する。
この作品では、気骨と心意気がテーマの作品が多いようだ。欲のためでなしに、自分の信じた道を進む。傍から見るとばかばかしく思われても構わない。そんな男たちの姿が描かれている。
敵討ちの話では、そんなにまで苦労して敵を討たなくてはいけないのかと思わず言ってしまいそうになるが、当人たちにとっては命にも代えられない大事な人生のテーマのようだ。それを決して否定できではなしに、柴田は淡々と描いていく。
「浪士組始末」では、清川八郎なる人物については名前しか知らなかったが、黒幕として暗躍した人物としての認識を新たにすることができた。それにしてもあっけないと言えばあっけない最後で、悲哀を感じる。
「本能寺」はちょっとテーマとは外れているが、猿飛佐助と服部半蔵が有名な歴史を作った立役者だというストーリーは、ひょっとしてありかなと思わさせられるほど、リアリティがある。
「竹橋血闘譚」歴史には全く現れてこない話だが、二百数十名もの兵卒がリーダーもなしに反乱を起こしたという事実に驚くとともに、そういう行動に駆り立てられざるを得なかった時代背景を知ると、いつの時代でも庶民は虐げられたままなのだなと感じさせられてしまった(2017.07.16)

スポンサーリンク