重松 清

: 半パン・デイズ(重松 清)

[内容紹介]
東京から、父のふるさと、瀬戸内の小さな町に引越してきたヒロシ。アポロと万博に沸く時代、ヒロシは少しずつ成長していく。慣れない方言、小学校のヤな奴、気になる女の子、たいせつな人との別れ、そして世の中…。「青春」の扉を開ける前の「みどりの日々」をいきいきと描く、ぼくたちみんなの自叙伝。

感想


重松さんの本は、ずいぶん読みました。
子供の視点に立って、イキイキとその成長が描かれていきます。

”東京から、父のふるさと、瀬戸内の小さな町に引越してきたヒロシ。
小学1年生から、6年生になるまでの、さまざまな人との出会い。
やさしい物語です。そして何か懐かしい。

スポンサーリンク

: ブランケット・キャッツ(重松 清)

[内容紹介] 馴染んだ毛布とともに、2泊3日でレンタルされる「ブランケット・キャッツ」。 父親がリストラされた家族、子供のできない夫婦、いじめに直面した息子と両親、25歳のフリーターと派遣社員の彼女---。 「明日」が揺 … 続きを読む

: 青春夜明け前(重松 清)

青春夜明け前 重松清

[内容紹介] 10代、男子。愛おしくおバカな季節。何かというとボッキしてばかりいたあの頃の僕たちは、場違い全開のエロ話と「同盟」「条約」「宣戦布告」という言葉が好きだった。そして何より「親友」という言葉が好きだった。男子 … 続きを読む

: 小学五年生(重松 清)

小学5年生 重松清

[内容紹介] クラスメイトの突然の転校。近しい人との死別。見知らぬ大人や、転校先での出会い、異性へ寄せるほのかな恋心淡い性への目覚め、ケンカと友情……まだ「おとな」ではないけれど、もう「こども」でもない。微妙な時期の小学 … 続きを読む

: あすなろ三三七拍子(重松 清)

あすなろ三三七拍子 重松清

[内容紹介] 藤巻大介、四十五歳、総務課長。ワンマン社長直命の出向先は「あすなろ大学応援団」。団員ゼロで廃部寸前の『団』を救うため、大介は特注の襟高学ランに袖を通す決意をする。妻と娘は呆れるが、社長の涙とクビの脅しに、返 … 続きを読む

: ニッポンの課長(重松 清)

[内容紹介] 係長以上、部長以下。偉いような、そうでもないような「課長」。自らも中間管理職世代になったシゲマツが、21世紀の課長さん21人を現地直撃ルポ。再生法申請会社の「建て直し課長」に、不況知らずの「ヒット課長」、「 … 続きを読む

: いとしのヒナゴン(重松 清)

[内容紹介] 黒い影、獣のにおい、夜の闇に光る二つの目。謎の類人猿「ヒナゴン」の存在を信じる、元ヤン町長イッちゃんが燃えた。市町村合併問題、町長選をめぐって、ヒナゴン騒動はヒートアップ。一年ぶり、待望の長篇小説。

: オヤジの細道(重松 清)

[内容紹介] ある日、ふと気がつくと中年になっていたシゲマツが、その未体験ゾーンの驚きを語りつつ、同世代にエールを送った「夕刊フジ」の大好評エッセイ。オヤジの歓びと哀しみ、ココロの秘密や如何に?巻末に「元祖負け犬」酒井順 … 続きを読む

: ニッポンの単身赴任(重松 清)

[内容紹介] 転勤族の息子だったシゲマツが、北海道から上海、南極まで、単身赴任の仲間20人をルポルタージュ。「単身赴任について考えることは、そのひとにとっての幸せのかたちを探ること」と言う著者が、彼らを訪ね歩いた結果、見 … 続きを読む

: 星に願いを・さつき断景(重松 清)

[内容紹介] 地下鉄サリン事件、そして阪神大震災が起きた一九九五年。復興ボランティアに参加した高校生のタカユキは、自分が少し変わったような気がした。サリン事件の衝撃を引きずるヤマグチさんは、娘の無邪気さに癒された。五十代 … 続きを読む