著者タ行

: 原発クライシス(高嶋 哲夫)

原発クライシス 高嶋哲夫

スポンサーリンク

内容紹介

日本海のある海岸に、最先端技術を結集して建設された次世代型、世界最大の原子力発電所が謎のテロリスト集団に占拠された!?同志たちの解放を要求し、汚染ガス放出を予告。原爆をはるかに凌ぐ放射能汚染、チェルノブイリ事故の何万倍もの被害が想定される空前の危機が日本を襲う。攻守それぞれの正義が交錯するなか、愛する人、愛する国を守りぬけ!災害サスペンスの旗手が放つ衝撃の問題作。

感想

内容紹介から想像する以上に激しい内容。100人ものテロリストが原発を占拠する。数十名の機動隊が死傷する。自衛隊が出動して戦車が発砲する。どこかの国の戦争を映画で視せられているようなシーンが次々に展開します。
チェチェン解放戦線やら、ひかりという宗教団体やら、戦場カメラマンが登場と、総理大臣も出てきて、登場人物もてんこ盛り。
放射能に汚染された冷却用の空気を待機中に放出するというのが最大の脅し。占拠したリーダーが人殺しをなんとも思わない薬で頭がいかれた人物。こんな展開だと原発が暴走して爆発してしまいそう。一体最後はどうなるものかと心配になりました。
一味の本当の目的は最後に明かされるが、ナンノコッチャとちょっと白けた気分。

ストーリーの展開がかなり乱暴な気がしないでもないが、これが映画化されたら、スペクタル大作として面白いだろうな。
多分誰も映画化はしないだろう。ちょっとできないよね。日本のいまの雰囲気だと。

この作品からなにか学ぶかというとあまり感じられない。それよりも娯楽作品として割り切りたい気分。
とはいえ、作中で最後はコンピューターとか手動での原子炉停止が操作できることになっている。高嶋さんは原発擁護なんだろうな。
実際にメルトダウンが起こった福島第一原発が何故非常停止できなかったのか?
この次に想定外のことが重なっても、絶対に原子炉は止められるように対策されているのか、現実の世界でのことがとても不安にはなりますね(2018.04.14)

スポンサーリンク

: 空母信濃の生涯(豊田 穣)

空母信濃の生涯 豊田穣

空母信濃の生涯(豊田 穣) スポンサーリンク 内容紹介 軍艦はそれぞれに人格を持ち、人と同じ運命に支配される。そして艦と人の運命は渾然となり、海原に消える―「大和」型戦艦三番艦「信濃」は、ミッドウェー海戦の敗北で空母として誕生した。海戦にのぞむことなく沈められた悲劇の巨艦の全貌を歴史的背景と共に描く紫綬褒章作家のベストセラー・ノンフィクション。 感想 ずっと、押し入れの片隅に積んでありました。いつか読もうと思って取っておく本ってありますよね。これがその一冊。 手元にあった文庫本を読みつくしたので、出番です。   空母信濃は、あの有名な戦艦大和や武蔵の兄弟艦。途中で設計変更して空母になりますが、 … 続きを読む

: 孤独の歌声(天童 荒太)

孤独の歌声(天童 荒太) スポンサーリンク 内容紹介 ひとり暮らしの女性たちが次々と誘拐され、哀れな末路を迎えていた。 糸口すらつかめぬ警察。 朝山風希刑事は、別件を担当中にもかかわらず、この連続殺人事件を追う。 封印したはずの過去が、事件へと向かわせたのだ。 だが、その最中、隣室に住む風希の友人が行方不明になってしまった。 孤独は煉獄のごとく、人をあぶり続けるものなのか・・・・・。 天童荒田という名の伝説は、本書から始まる。 感想 珍しく、2回読み返してしまいました。一回目は、どうやら、途中で嫌になって、途中を読み飛ばしたらしい。それでも捨てられずに、まだ読んでいない気がした、読み始めました … 続きを読む

: 火の山 山猿記(上)(津島 佑子)

火の山 山猿記(上)(津島 佑子) スポンサーリンク 内容紹介 火の山-ーとは富士山のこと。その富士山に寄り添いながら生きた有森家の変遷史。誕生と死、愛と結婚の型。戦中戦後を生きた人たちを描きながら、日本の近代を見つめ直した傑作長編小説。 第51回野間文学賞、第34回谷崎潤一郎賞受賞作、平成18年4月から放送のNHK連続テレビ小説「純情きらり」の原案。 感想 先日終わった、NHKの連続テレビ小説「純情きらり」の再放送。ずっと見てました。 主人公の有森桜子の、精いっぱい生きた人生、最後は、若くして亡くなってしまうんですが、本人も、周りも、桜子が力いっぱい生き抜いたことに満足してました。 悲しくも … 続きを読む

: 6時間後に君は死ぬ (高野 和明)

6時間後に君は死ぬ (高野 和明) スポンサーリンク 内容紹介 6時間後の死を予言された美緒。他人の未来が見えるという青年・圭史の言葉は真実なのか。美緒は半信半疑のまま、殺人者を探し出そうとするが・・・・・刻一刻と迫る運命の瞬間。血も凍るサスペンスから心温まるファンタジーまで、稀代のスト―リ―テラーが卓抜したアイディアで描き出す、珠玉の連作ミステリー。 感想 「霊人命救助隊」「13階段」でとても面白かった作者。久しぶりに見つけたこの作品でした。 「6時間後に死ぬ」で登場した未来が見える圭史と、6時間後の死を予言された美緒。この関係が、最後の「3時間後に僕は死ぬ」につながっていくんですが、それは … 続きを読む

: ジェノサイド(高野 和明)

ジェノサイド上 高野和明

ジェノサイド(上)(高野 和明) スポンサーリンク 内容紹介 イラクで戦うアメリカ人傭兵と、日本で薬学を先行する大学院生。まったく無関係だった二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。そして合衆国大統領が発動させた機密作戦の行方は……人類の未来を賭けた戦いを、緻密なリアリティと圧倒的なスケールで描き切り、その衝撃的なストーリーで出版界を震撼させた超弩級エンタテインメント、堂々の文庫化! 感想 この作品は面白い。インターネットの知識が適当にちりばめられていて、知識欲がくすぐられる。人類の進化についてのいろいろな情報も目新しくて … 続きを読む

: TSUNAMI 津波(高嶋 哲夫)

津波 高嶋哲夫

TSUNAMI 津波(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 東海大地震。起きる起きないが問題なのではない。それは必ず起きる。だから、今から何をしなければならないのか。独自のハザードマップを作り、地震対策に努める26歳の市役所防災課職員がいた。だが、大地震が連続して発生。空前の大津波が太平洋岸を襲う! その時恋人は、超高層ビルの建築主は、原子力発電所の職員は、自衛隊員は、首相は、どう運命と向き合ったのか!?大迫力の防災サスペンス作品。 感想 作品は、東海大地震などが発生したときをシミュレーションした小説。 2005年に刊行されたというのに、2011年の東日本大震災の惨状を目の当たりにするよう … 続きを読む

: M8(エムエイト)(高嶋 哲夫)

M8(エム8) 高嶋哲夫

M8(エムエイト)(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 東京をマグニチュード8の直下型大地震が襲う!!若手研究者・瀬戸口が東京直下型大地震を予知。阪神大震災を同じく体験した三人の同級生たちそれぞれの葛藤を軸に、首都大地震を最新の研究を反映して完全シミュレーションした書き下ろし力作! 感想 TUNAMIを読んでからその前作のM8を読みたいと思ってたら、ブックオフに出てました。3回目のときで「念ずれば通ずる」 単行本はかさばるのであまり買わないのだが即購入。 お話は割と淡々とした感じで進む。 東京直下型大地震の予知、予兆、その時、一日目、二日目、希望と続く。 映画のような凄まじい場面の描写は … 続きを読む

: ジェミニの方舟 東京大洪水(高嶋 哲夫)

ジェミニの方舟 高嶋哲夫

ジェミニの方舟 東京大洪水(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 空前の双子台風が東京を直撃。大洪水に備えろ! 大型の台風23号と24号が合体、巨大台風ジェミニが東京を襲う! 愛する家族は、都民は、首都水没の危機を乗り越えられるのか!? 最新研究を元にリアルに描く『M8』を凌ぐ災害パニック大作。 もし、史上まれな強風を伴う超大型台風が日本を襲ったら。もし驚異的な雨が降っていたら。もし…。埋立地、ゼロメートル地帯、網の目のように広がる地下街と地下鉄網。いつ起きてもおかしくない首都水没への警鐘。 感想 秋雨前線による集中豪雨に、巨大台風による雨風が重なって東京に大洪水を引き起こす。 いろいろな … 続きを読む

: イントゥルーダー(高嶋 哲夫)

イントゥルーダー 高嶋哲夫

イントゥルーダー(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 25年前に別れた恋人から突然の連絡が。「あなたの息子が重体です」。日本を代表するコンピュータ開発者の「私」に息子がいたなんて。このまま一度も会うこともなく死んでしまうのか……。奇しくも天才プログラマーとして活躍する息子のデータを巡って、「私」は、原発建設がからまったハイテク犯罪の壮絶な渦中に巻き込まれていく。 読んでみての感想 交通事故にあった「私」の息子は、麻薬の売人の疑いをかけられたまま、意識が戻らずに死んでしまう。その息子が残した情報を「私」が追いかけていくことで、息子の無実を晴らすどころか「私」が犯罪に巻き込まれていく。 その … 続きを読む