天童 荒太

: 孤独の歌声(天童 荒太)

孤独の歌声(天童 荒太)

スポンサーリンク

内容紹介

ひとり暮らしの女性たちが次々と誘拐され、哀れな末路を迎えていた。
糸口すらつかめぬ警察。
朝山風希刑事は、別件を担当中にもかかわらず、この連続殺人事件を追う。
封印したはずの過去が、事件へと向かわせたのだ。
だが、その最中、隣室に住む風希の友人が行方不明になってしまった。
孤独は煉獄のごとく、人をあぶり続けるものなのか・・・・・。
天童荒田という名の伝説は、本書から始まる。

感想

珍しく、2回読み返してしまいました。一回目は、どうやら、途中で嫌になって、途中を読み飛ばしたらしい。それでも捨てられずに、まだ読んでいない気がした、読み始めました。
ところどころ、すでに読んだ記憶がよみがえります。まあ、そんなことはどうでもいいんですが、この本は、上っ面だけ読むと、誘拐した女性の身体を切り刻んで死に至らしめる、変質者の話のようで、ただ君が悪いだけでした(たぶん、一回目の印象です)

2回目も、印象は変わりませんでしたが、200ページを越すあたりからぐんぐん話に引き込まれました。

3人の登場人物、それぞれが抱える孤独。最後は、その孤独から逃げることなく、現実に立ち向かっていくその中の2人。

「孤独な歌声」でなしに、「孤独の歌声」という、本書のタイトルの意味がなんとなしに理解できた気がします。
「人間は孤独だ」だけど「孤独ではない」そんなテーマを私なりに感じました。
重い話ですが、自分の気持ちとタイミングが合えば、読んでみる価値ありです。

スポンサーリンク