高嶋哲夫感想」タグアーカイブ

: 原発クライシス(高嶋 哲夫)

原発クライシス 高嶋哲夫

スポンサーリンク

内容紹介

日本海のある海岸に、最先端技術を結集して建設された次世代型、世界最大の原子力発電所が謎のテロリスト集団に占拠された!?同志たちの解放を要求し、汚染ガス放出を予告。原爆をはるかに凌ぐ放射能汚染、チェルノブイリ事故の何万倍もの被害が想定される空前の危機が日本を襲う。攻守それぞれの正義が交錯するなか、愛する人、愛する国を守りぬけ!災害サスペンスの旗手が放つ衝撃の問題作。

感想

内容紹介から想像する以上に激しい内容。100人ものテロリストが原発を占拠する。数十名の機動隊が死傷する。自衛隊が出動して戦車が発砲する。どこかの国の戦争を映画で視せられているようなシーンが次々に展開します。
チェチェン解放戦線やら、ひかりという宗教団体やら、戦場カメラマンが登場と、総理大臣も出てきて、登場人物もてんこ盛り。
放射能に汚染された冷却用の空気を待機中に放出するというのが最大の脅し。占拠したリーダーが人殺しをなんとも思わない薬で頭がいかれた人物。こんな展開だと原発が暴走して爆発してしまいそう。一体最後はどうなるものかと心配になりました。
一味の本当の目的は最後に明かされるが、ナンノコッチャとちょっと白けた気分。

ストーリーの展開がかなり乱暴な気がしないでもないが、これが映画化されたら、スペクタル大作として面白いだろうな。
多分誰も映画化はしないだろう。ちょっとできないよね。日本のいまの雰囲気だと。

この作品からなにか学ぶかというとあまり感じられない。それよりも娯楽作品として割り切りたい気分。
とはいえ、作中で最後はコンピューターとか手動での原子炉停止が操作できることになっている。高嶋さんは原発擁護なんだろうな。
実際にメルトダウンが起こった福島第一原発が何故非常停止できなかったのか?
この次に想定外のことが重なっても、絶対に原子炉は止められるように対策されているのか、現実の世界でのことがとても不安にはなりますね(2018.04.14)

スポンサーリンク

: TSUNAMI 津波(高嶋 哲夫)

津波 高嶋哲夫

TSUNAMI 津波(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 東海大地震。起きる起きないが問題なのではない。それは必ず起きる。だから、今から何をしなければならないのか。独自のハザードマップを作り、地震対策に努める26歳の市役所防災課職員がいた。だが、大地震が連続して発生。空前の大津波が太平洋岸を襲う! その時恋人は、超高層ビルの建築主は、原子力発電所の職員は、自衛隊員は、首相は、どう運命と向き合ったのか!?大迫力の防災サスペンス作品。 感想 作品は、東海大地震などが発生したときをシミュレーションした小説。 2005年に刊行されたというのに、2011年の東日本大震災の惨状を目の当たりにするよう … 続きを読む

: M8(エムエイト)(高嶋 哲夫)

M8(エム8) 高嶋哲夫

M8(エムエイト)(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 東京をマグニチュード8の直下型大地震が襲う!!若手研究者・瀬戸口が東京直下型大地震を予知。阪神大震災を同じく体験した三人の同級生たちそれぞれの葛藤を軸に、首都大地震を最新の研究を反映して完全シミュレーションした書き下ろし力作! 感想 TUNAMIを読んでからその前作のM8を読みたいと思ってたら、ブックオフに出てました。3回目のときで「念ずれば通ずる」 単行本はかさばるのであまり買わないのだが即購入。 お話は割と淡々とした感じで進む。 東京直下型大地震の予知、予兆、その時、一日目、二日目、希望と続く。 映画のような凄まじい場面の描写は … 続きを読む

: ジェミニの方舟 東京大洪水(高嶋 哲夫)

ジェミニの方舟 高嶋哲夫

ジェミニの方舟 東京大洪水(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 空前の双子台風が東京を直撃。大洪水に備えろ! 大型の台風23号と24号が合体、巨大台風ジェミニが東京を襲う! 愛する家族は、都民は、首都水没の危機を乗り越えられるのか!? 最新研究を元にリアルに描く『M8』を凌ぐ災害パニック大作。 もし、史上まれな強風を伴う超大型台風が日本を襲ったら。もし驚異的な雨が降っていたら。もし…。埋立地、ゼロメートル地帯、網の目のように広がる地下街と地下鉄網。いつ起きてもおかしくない首都水没への警鐘。 感想 秋雨前線による集中豪雨に、巨大台風による雨風が重なって東京に大洪水を引き起こす。 いろいろな … 続きを読む

: イントゥルーダー(高嶋 哲夫)

イントゥルーダー 高嶋哲夫

イントゥルーダー(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 25年前に別れた恋人から突然の連絡が。「あなたの息子が重体です」。日本を代表するコンピュータ開発者の「私」に息子がいたなんて。このまま一度も会うこともなく死んでしまうのか……。奇しくも天才プログラマーとして活躍する息子のデータを巡って、「私」は、原発建設がからまったハイテク犯罪の壮絶な渦中に巻き込まれていく。 読んでみての感想 交通事故にあった「私」の息子は、麻薬の売人の疑いをかけられたまま、意識が戻らずに死んでしまう。その息子が残した情報を「私」が追いかけていくことで、息子の無実を晴らすどころか「私」が犯罪に巻き込まれていく。 その … 続きを読む

: 富士山噴火(高嶋 哲夫)

富士山噴火 高嶋哲夫

富士山噴火(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 元陸上自衛隊の新居見は3年前の南海トラフ大地震で妻と息子を失った。生き残った娘とは絶縁状態だ。ある日、この国が経験したこともないような巨大災害……富士山噴火が近いという情報を旧友の記者から得る。大地が震え、大量の噴石が降り注ぐ中、人々を待ち受ける運命とは。新居見は今度こそ、愛する人を救えるのか!? 日本壊滅の危機を、そして父と娘の絆の再生を描く感動の災害エンタメ! 感想 どんどん先を読みたくなった。文庫本で600頁あまりだが、最後は一気。 さすが災害ものの第一人者。まるで映画を見ているように目の前に情景が浮かんできた。 読んでいるうちに知ら … 続きを読む

: ミッドナイトイーグル(高嶋 哲夫)

ミッドナイトイーグル 高嶋哲夫

ミッドナイトイーグル(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 米空軍のステルス爆撃機が北アルプスに墜落! その搭載物をめぐって男たちの死闘が始まった。報道カメラマン西崎勇次もその渦中に……。かたや週刊誌記者の松永慶子は、横田基地に侵入・逃走した北朝鮮の工作員に接触する。吹雪の北アルプスと東京。2つの場所で、男と女は絆を取り戻せるのか。渾身の国際謀略サスペンス。 感想 高嶋さんの作品は、読んでいて作中のシーンが目に浮かぶように描かれる。この作品もその一つ。事実、2007年に映画化されている。 登場人物が、大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、藤竜也の面々。ぴったしのはいやく。DVDが借りられ … 続きを読む

: 衆愚の果て(高嶋 哲夫)

衆愚の果て 高嶋哲夫

衆愚の果て(高嶋 哲夫) スポンサーリンク 内容紹介 無職の二十七歳、大場が衆議院議員になった。二千万円超えの年収、都心の一等地に立つ宿舎、海外視察費約二百万円など、特権を手にして歓喜する。だが、多すぎる議員数や手厚い議員年金など、自身の身を削らずに国民にばかり負担を強いる政治家に次第に嫌悪感を抱き、自ら制度改革に動き出す……。政界の実態を抉る痛快エンタテインメント! 感想 政治家の実態がものすごくよくわかりました。確かに1日やったらやめられないわけだ。なぜ政治家になりたがるのかがよくわかった。 比例代表制が何のためにあるのかがわからなかったが、本作品を読んで、不要だと確信した。 政治が数の倫 … 続きを読む